スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フグもお引っ越し

亀と一緒に熊本から連れてこられた淡水フグ。
ポリタンクに入れられ電池式のエアポンプを使って無事到着。
543953772_3.jpg

新しい水槽に投入。
熊本にいるときは30cm水槽で飼っていたのだが、みるみる大きくなって引っ越し前は既に20cm弱に。
引っ越しを期に60×45×45のアクリル水槽へ。
ガラスの水槽だと暴れて割ってしまう事があるらしい。
借家なので万が一にでも水浸しにしてしまうと大変なのでなんとかアクリル水槽を用意した。
RIMG0177.jpg


余談だけど、水槽と安い上部フィルターを買ったらお店のくじ引きがあって、日頃はくじ運は悪いのに何故か大きめの外部式フィルターが当たってしまった・・・。

スポンサーサイト

亀投入

熊本から車に揺られること20数時間。
ようやく所沢へ到着した亀達。
かなりバテてるみたい。
そういえばたぶん今まで書いてなかったけど、うちにはヘルマンリクガメの(雄、雌各一匹)、マルギナータリクガメ(雄、雌かも?各一匹)の計四匹の亀がいる。
とりあえずまだ、植物が生えそろってないので四匹の内比較的大人しい雌と雌?の二匹は近所の亀仲間の方に預かって頂いた。
お世話になりっぱなしだ。

RIMG0182.jpg

で、気性の荒い雄二匹は預かってもらうわけにはいかないので西側の日陰の多いスペースに放す。
疲れているせいかそそくさと隅に引っ込んで寝てしまった。

あまりに暑いので寒冷紗を張ってみた。
飼育場が涼しくなると部屋の中も快適。

「ところざわ日記」スタート(New屋外飼育場)

熊本日記は前回で終了したので、遅ればせながら「ところざわ日記」スタート。

RIMG0126.jpg

さて、ここが新しいお庭兼畑兼亀飼育場。
日当たりが良く、風通しがよい庭付きの物件を探していたんだけど、借りてみたら人間にとっても住み心地がよさそう。

RIMG0141.jpg

このままじゃ容易に逃げ出せてしまうので大家さんに許可をもらって亀用の柵を作った。
入居が熊本から亀を連れてくる予定のギリギリだったので突貫工事。
亀仲間の方に手伝って頂いたお陰で半日で終了。
作り方は熊本でやっていたのと同じようにブロックの基礎を埋めて板の柵を立てるだけ。
ブロックは退出時に元に戻せるようにセメントは使わずに埋めるだけ。
土が軟らかくて掘りやすい、と言うことは亀にとっても容易に掘りやすいわけで逃げないように注意が必要ですね。

RIMG0142.jpg

次に杭を打って板を止める支柱を立てる。
また、支柱を立てるとブロックも固定されてグラグラしなくなる。


RIMG0179.jpg

RIMG0183.jpg

杭を立てたら板をコースレッドでガリガリ留めていって出来上がり。
一応高さは物の本で読んだ甲長の倍の40cm程度にした。
特に角や足がかかるようなものがある場所は要注意。
最後に餌兼日陰となるサツマイモの苗を植え付けて出来上がり。

ナチュラルガーデン(定点観測写真)

070804

まぁ、なんつーか雑草だらけの庭だ。
そのまんま。
さすがにこれだけ放置すると凄いもんだな。
亀の飼育場だけ背の低い草は葉が無くなってる。
去年は余裕で足りてたというか草むしりなんかしてたけど、今年は草が足りないらしい。
サツマイモの蔓に期待。

思えば二年前に引っ越してきたときは変な真っ赤な花がミッシリ咲いているただの荒れ地だった。
二年でだいぶん変わったな。
ようやく生命の雰囲気がムンムンとするようになってきたわけですが、ここでいったん熊本での庭ライフは一旦終了。
終了といっても気は勝手に大きくなるし家主がいなくとも庭は勝手に変化していくわけですが・・・。
070817

とりあえず最後に定点観測写真。
これが去年の写真。


しかしまぁ、庭がないと寂しいもんだ。
仕事に行く前の庭で一服する五分程度の時間があるかないかでこんなに生活の質に影響するとは・・・。

まぁ、そんな事を愚痴ってもしょうがないし、仮想my庭ごっこもいい加減つまらん。
なのでここ所沢にて狭いながらも日当たりが良く風通しの良い庭を見つけた。
そして明日契約予定。
070804

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。