スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルギナータリクガメ♀?

RIMG0190.jpg

平成18年の七月にうちへやってきた。
奥様がヘルマンリクガメを飼ってるのをみて自分も欲しくなり、ちょっと違った種類のを買ってきた。
来た当初(平成19年5月)
甲長136mm 体重419g

現在
甲長175mm 体重795g

写真は朝の日光浴をしているところ。
どの亀も日光浴をする場所はいつも決まっている。
というか、行動パターンは毎日ほぼ同じだ。
雄か雌かは不明。
尻尾は小さいので雌かと思っていたがよくわからない。
他の雄に比べると臆病で大人しい。
ただ、去年に引き続き今年は急成長。
確かによく食べているようだ。
来たときは綺麗な亀だったのだが今年の夏で急にゴツゴツしてきた。
そろそろ冬眠の季節だが去年はあまり深く潜らず、二月半ばには起きてきてしまった。
今年はどうなる事やら・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

マルギナータリクガメ♂

RIMG0189.jpg

今年の春(平成19年5月)にうちへやってきた。
これを書いてる「kasuyamachi」の亀。
福岡のレプタイルフェスタでどこかのショップの店員さんが飼ってた既に大きくなってるやつが安く売ってたので連れてきた。
来た当初(平成19年5月)
甲長178mm 体重748g

現在
甲長185mm 体重1010g

うちへ来てすぐから生えているクローバーをモリモリ食べ始め体重が急速に増えた。
そしてお陰で飼育場のクローバーは全滅。
冷え込んできた今でも一番先に起きてくるのはこいつ。
子供が「メルギン」と呼ぶので最近は名前として定着しつつある。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

ヘルマンリクガメ♀

RIMG0194.jpg


今年の春(平成19年4月)にうちの庭へやってきた。
奥様がつがいにしようと買い足した一匹。
たぶん雌だと思う。
来たとき(平成19年4月)
甲長121mm 体重310g

現在(平成19年10月)
甲長127mm 体重440g

あまり活発に動かず人の姿を見るとすぐに隠れる。
マルギとも共通するが雌はどうも臆病なようだ。
特にここ最近はあまりシェルターから出てこない。
雌に限らずだけどヘルマンはマルギと比べると冬眠の準備にはいるのが早いみたい。
そして起きてくるのも遅い。
潜るのも深くてこちらの方が冬眠は上手いのかも。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

ヘルマンリクガメ♂

RIMG0187.jpg


平成18年の六月に我が家へやってきた、うちの奥様が選んだ亀。
何故かこいつだけ名前が付いていて「まさお」と呼ばれている。
来た当時(平成18年6月)
甲長116mm 体重282g

現在(平成19年10月)
甲長121mm 体重360g

もの凄く盛ってて非常に喧嘩っぱやい。
そのくせにあまり餌を食べない。
だからなかなか大きくならないのかも。
一番人慣れしていて呼ぶとシェルターから出てくる。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。